技術と経験で、価値のあるホームページ制作を。ホームページ制作を通じて、お客様に利益をもたらすことを追求します。

技術と経験で、価値のあるホームページ制作を。ホームページ制作を通じて、お客様に利益をもたらすことを追求します。

ブログ

HOME > 花のやブログ > 仕事のモチベーションをあげる「働くマンガ」4選
2015/08/10日常

仕事のモチベーションをあげる「働くマンガ」4選

こんにちは、花岡です。
突然ですがマンガっていいですよね。我が家の本棚は9割がマンガです。
活字も好きですが、仕事に疲れた時モチベーションあげるにはマンガのほうがいいと思ってます。
理由は頭が疲れているので絵と一緒で理解がしやすいのと、疲れたメンタルにセリフとして投げかけてくるのが良いみたいです。

今回は我が家の本棚から「仕事に疲れた時」「やる気を出したい時」に読みたいマンガをご紹介いたします。
主人公の生き方や働き方の姿勢、考え方に共感できるとモチベーションが爆上がりしますよ!

おすすめ「仕事マンガ」

1,「島耕作」シリーズ

島耕作シリーズは1984年から連載スタートした日本の企業や経済を背景にしたマンガです。
連載30年で平凡なサラリーマンからついに会長へ就任しました。会長になるまでは紆余曲折の人間ドラマがあり、いぶし銀的なマンガです。
最近は経済を背景にした展開が多いので読んでいても勉強になります。あと女性関係がギャグです。
「いやな仕事でえらくなるより、好きな仕事で犬のように働きたいさ」という名言にぐっときました( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ

2,サラリーマン金太郎

元暴走族がサラリーマンになるというマンガで、ドラマ化やパチンコとかでもでてますね。
とにかくアツい。アツすぎます。
一番の魅力は主人公 金太郎の言葉がアツくて前向きで「なにかやらなきゃ抑まらない!」って感じにさせます。
へこたれた時に読むと「失敗を恐れず前に進む、失敗してもまた前に進む」という精神で、折れた自分の気持ちを叩き直してくれます。
おすすめはアラブ編です。

3,G戦場ヘヴンズドア

多分マイナーなんですが、知ってる人は知っている的なマンガで、ヴィレヴァンに置いてある系のマンガです。
高校生2人がマンガ家を目指すというストーリーですが、3巻という短いストーリーの中にクリエイターとしての決意や、哲学が超密度で圧縮されています。
出てくるキャラが濃くてアツくて、作者の想いもバンバン伝えてくるので体力削られます。
3巻完結なので一気読みにオススメです。
絵柄がちょっと変わっているのでとっつきにくいかも知れませんが、読み終えると創る思いが熱くなります!

4,働きマン

週刊誌の女性編集者 松方が働きながら「働くとは何か」を考えるマンガです。
コンセプトの「働くとは何か」を様々な登場キャラで描いているので、働き方・考え方に共感できるキャラが見つかるかもしれません。
第1話で松方が「あたしは仕事したなーって思って死にたい」というセリフは、松方の「働くとは何か」の答えなわけです。
「働くとは何か」を探しだすのは、これから先の40年を働きぬく上で非常に重要です。見つけることで自身の仕事への姿勢も変わってくると思います。
個人的にも思い入れの強いシリーズです。5巻はよ!

まとめ

仕事に前向きになるのって大変なんですよね、凹んだ翌日も仕事なわけですから。
立ち直り方やモチベーションの上げ方は人それぞれですが、よければ手にとって読んでみてください!
そういえば働きマンの松方って28歳なんですね、追い越しちゃったよ。

hanap

書いた人:hanaoka

林業高校卒業をしてITに進んだ稀有な例です。
Webディレクターとして皆様のお悩みを解決します。Web制作とガジェットが好きです。特技は少年ジャンプを縦に裂くことです。
facebook:https://www.facebook.com/masakazu.hanaoka

人気記事ランキング

株式会社 花のや
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須4-1-79 第2ハヤシビル 3F

花のやについて

お仕事のご依頼やご相談は、下記の電話番号
または、メールフォームよりお問い合わせください。
TEL.052-251-7090 / FAX.052-251-7092

お問い合わせ