技術と経験で、価値のあるホームページ制作を。ホームページ制作を通じて、お客様に利益をもたらすことを追求します。

技術と経験で、価値のあるホームページ制作を。ホームページ制作を通じて、お客様に利益をもたらすことを追求します。

ブログ

名古屋のホームページ制作会社 花のや > 花のやブログ > 【WordPress】カスタムフィールドも含めたフロントエンドでの投稿 その1
2015/03/10WordPressホームページ制作

【WordPress】カスタムフィールドも含めたフロントエンドでの投稿 その1

こんにちは、和田です。

またまた、ご無沙汰してしまいました。
今回はadvanced custom fieldsで調べてみたらこんな便利機能が用意されていた!
という内容です。

参照:Advanced Custom Fields の使い方詳細

フロントエンド側(ユーザー側の見ている画面)での投稿は、本来セキュリティ面で面倒な事がありますので出来る限りやらないようにしています。
ですが、たまにフロントエンドからユーザー毎に投稿をしたいという要件があります。

そのような時はプラグインに丸投げしたりしますが、なかなかカスタムフィールドも同時に
というような事が出来るものはありません。

で、色々と悩んでいたのですがadvanced custom fieldsでは元々用意された関数で対応できることを発見しました

acf_form()の概要

acf_form()

オプション(かなり適当)。

post_id カスタムフィールドを登録・編集する元の投稿id
field_group カスタムフィールドのフィールドグループid
form フォーム要素を出力するか否か
form_attributes フォームタグの要素
return 投稿後の遷移URL
html_before_fields フィールドの前に表示するhtml要素
html_after_fields フィールドの後に表示するhtml要素
submit_value submitボタンの表示値
updated_message 更新後に表示されるメッセージ

 

 カスタムフィールドの作成

まず簡単に、以下の様なカスタムフィールドを作ってテストしてみます。

Wordpress側の画面 フロントエンド

とりあえず色々な種類のフォームをフロントエンド側に用意してみました。
注意点は有料版のV5 PROにはタイトル、本文もacf_formで設定することができますが、
V4ではできない点です。そのため、タイトル、本文に変わるカスタムフィールドを作っておくことです。

 

ちなみに、やはりそれなりに作っておく必要はあります。

特に権限でちゃんと設定してあればいいと思いますが、他人の記事を触れないようにしたりなどすることは必須ですね。

 と、いうことで、上記も含めて説明すると長くなりそうなので次回へ続きます…

 

 

書いた人:wada

エンジニア担当の和田です。
ボウリングの機械のメカニックから、漆を塗ったりトラックの運転手をしたりと紆余曲折ありましたが最終的にプログラマーへと転職してしまいました。

人気記事ランキング

株式会社 花のや
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須4-1-79 第2ハヤシビル 3F

花のやについて

お仕事のご依頼やご相談は、下記の電話番号
または、メールフォームよりお問い合わせください。
TEL.052-251-7090 / FAX.052-251-7092

お問い合わせ