技術と経験で、価値のあるホームページ制作を。ホームページ制作を通じて、お客様に利益をもたらすことを追求します。

技術と経験で、価値のあるホームページ制作を。ホームページ制作を通じて、お客様に利益をもたらすことを追求します。

ブログ

HOME > 花のやブログ > Dreamweaverでの正規表現
2013/06/26ホームページ制作HTML/CSS

Dreamweaverでの正規表現

正規表現を使ってみよう。

正規表現とは?

正規表現は文字列の特徴をパターン化し、特有の記号で表現するものです。正規表現を使うと、文字列の検索や置換をパターンで行う事ができるので、 多少の違いがある文字列でも、1つの検索文字列で検索することができます。

パターン化の例を一つ、以下に書いてみます。
たとえば日付「2014/01/30」

  ↓

これは「数字 スラッシュ 数字 スラッシュ 数字」というパターンである

  ↓

正規表現で表すと「\d+/\d+/\d+」となる
一般的に正規表現に当てはまることを「一致する」または「マッチする」と言います。

テキストエディタなどで活躍する正規表現ですが、Dreamweaverでも正規表現を使った検索・置換は強力です。
メタ文字を使っての表現なので、慣れるには正直時間がかかりますが、覚えておくとメンテナンスの際にとても便利です。

転載元:http://www.adobe.com/jp/newsletters/edge/january2010/articles/article4/

メタ文字 意味
+ 直前の文字の1回以上の繰り返し
. 改行以外のすべての単一文字
() グループ化し保存
$n ()で保存したパターンを参照
※nは任意の数字
\n 改行(改行コード:LF)
\r キャリッジリターン(改行コード:CR)
\r\n キャリッジリターン+改行(改行コード:CR LF)
\t タブ1つ
\d
[0-9]
数字1文字
\D
[^0-9]
数字以外(スペースや改行含む)1文字
\w
[A-Za-z0-9_]
アンダースコアを含む英数字1文字
\W
[^A-Za-z0-9_]
アンダースコアを含む英数字以外(スペースや改行含む)1文字

試しに日付の表記を置換してみる

試しに「()」で括る置換方法をやってみます。
「()」で括って指定した文字列をグループ化して記憶し、後で参照することができます。

つまり「2013/1/27」を「2013年1月27日」に変換する際に、数字の部分だけを残して置換することが出来ます。

日付は数字ですので、「\d」を使って、数桁を表すために「+」を使います。
それを「()」で括ってグループ化して保存していきますの$1年$2月$3日で、「(\d+)/(\d+)/(\d+)」で検索をかけると、1つ目の値が年で、順に月日と続きますので、「」と置換してあげればOKです。

試しにやってみた際に画面が下記になります。

cap

正直色々やってみながらが一番覚えます。

hanap

書いた人:hanaoka

林業高校卒業をしてITに進んだ稀有な例です。
Webディレクターとして皆様のお悩みを解決します。Web制作とガジェットが好きです。特技は少年ジャンプを縦に裂くことです。
facebook:https://www.facebook.com/masakazu.hanaoka

人気記事ランキング

株式会社 花のや
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須4-1-79 第2ハヤシビル 3F

花のやについて

お仕事のご依頼やご相談は、下記の電話番号
または、メールフォームよりお問い合わせください。
TEL.052-251-7090 / FAX.052-251-7092

お問い合わせ