一緒に悩み、考える。
つくるだけでなく、
そのあとの物語も、ともに。

どんな会社もサービスも、それぞれにストーリーがあります。
花のやはそれをサポートしながら、お客様の成長を隣で見ていたいのです。

一緒に悩み、考える。
つくるだけでなく、
そのあとの物語も、ともに。

どんな会社もサービスも、
それぞれにストーリーがあります。
花のやはそれをサポートしながら、
お客様の成長を隣で見ていたいのです。

ブログBLOG

  1. 名古屋のホームページ制作会社 花のや
  2. 花のやブログ
  3. 知識・技術をわかりやすく相手に伝える方法
2022/10/15考え方

知識・技術をわかりやすく相手に伝える方法

花岡です。これを書いている今日の名古屋は名古屋まつりを開催しています。三英傑である信長、秀吉、家康が市内を練り歩くお祭りです。ちなみに花岡はドリフターズの信長が好きです。

「このくらいみなさんわかりますよ」と言われた

花のやは多くのクライアントから多種多様なご相談をいただいています。これまでに培った実績と知識でどんなご相談にも真正面から受け止めることのできる能力を持っています、これは花のやの自慢の一つです。

そんな中で時折りクライアントから「説明がわかりやすい」「対応が優しい」とお言葉を頂きます。これまでは言われた事に喜んでいるばかりだったのですが、最近聞いた話をキッカケで深掘りして考えることがありました。

その話というのは、企業担当者が制作会社との会話で横文字・専門用語だらけで置いてけぼりにされてしまったとのこと。
さすがにこれではまずいと企業担当者がもう少しわかりやすい言葉で説明をしてもらえないか、と伝えたところ「このくらいみなさんわかりますよ」と言われたと…。

この話が本当だとすれば、制作会社の対応はかなりの塩対応かなと思います。

ただもしかしたら、この制作会社の担当はわかりやすい説明をしなかっのではなく、わかりやすい説明ができなかったのではないか?

と考えてしまいます。

どうしてそうなったのか?

この制作会社の担当さんはわかりやすく説明するだけの知識がなく、深く突っ込まれたくないのでバッサリ切るような言い方をしたのではないでしょうか。それか、知識量を鼻に掛けてマウントをとったのか、どちらかかな?と思います。

私が意識してわかりやすく説明する際には、相手の土俵・知識範囲の言葉に置き換えて説明をします。自慢ではないですが、私は仕事で多種多様な業種・年齢の方と関わってきましたので置き換えての説明は得意な方だと思っています。

知識があればこそ説明はわかりやすく。
付け焼き刃に覚えた知識であれば置き換えて説明することや本来の意味を伝えられずわかりにくくなります。

普段から調べる習慣、平日休日問わず学ぶ習慣がないと日進月歩の知識にはついていけず、薄っぺらい説明しかできないと思います。

花のやの主たる営業範囲は中小企業も多くITリテラシーが高くはない会社も多いです。
これまでWebマーケティングに触れてきていない、そんなエリアであればこそ、人に優しく丁寧に説明をできることは重要な要素だと考えています。

最後に

花のやは中小企業と共に業績・知識共に成長することを目指し、本業に専念していただけるよう花のやがWebマーケティング部門を担えることを今後目標としていきたいと考えています。

まだまだこの目標は達成できていませんが、目標を実現するために日々知識を蓄え、企業のWebマーケティングに関する不明点や不安を解決できるように努力をしていきたいと思います。

この記事を書いた人:hanaoka

村生まれ村育ちWebディレクターです。 2014年に株式会社花のやを設立。以後ディレクションと営業を兼務しています。 学歴コンプレックスをバネに日夜戦っています。

LINEで送る
Pocket

人気記事ランキング

お問い合わせ

Webサイト制作・その他お仕事のご依頼、
ご相談についてお気軽にお問い合わせください。

  • ホームページ制作で”補助金・助成金”使えます!
  • WEBに関する無料個別相談会
株式会社 花のや
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄2-14-5 山本屋本店栄ビル7階

花のやについて

お仕事のご依頼やご相談は、下記の電話番号
または、メールフォームよりお問い合わせください。
TEL.052-211-9898 / FAX.052-211-9899

お問い合わせ