画像

背景

技術と経験で、価値のあるホームページ制作を。ホームページ制作を通じて、お客様に利益をもたらすことを追求します。

技術と経験で、価値のあるホームページ制作を。ホームページ制作を通じて、お客様に利益をもたらすことを追求します。

ブログ

  1. 名古屋のホームページ制作会社 花のや
  2. 花のやブログ
  3. 〜オトナが見て染みる〜まんが日本昔ばなし
2022/03/05考え方日常エンタメ

〜オトナが見て染みる〜まんが日本昔ばなし

やっとかめです(名古屋弁で久しぶり)

リモート生活真っ最中の高尾です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

飲みも全く行っておりませんので、またすぐ酔えるコスパの良い女になりつつあります。

解禁した際はアルコホォールのリハビリが必要になりそうです。

それまでイメトレにミニチュアでも眺めておきます。

美味しそうでしょう?酔鯨と江戸前寿司よ。

日本昔ばなし

さて、今回はお仕事の話はナッスィンです。

お外で遊べないので、動画を見る機会が増えてる状況下だと思います。

そこでYouTubeのおすすめに謎に上がってきたのが「日本昔ばなし」 

 

懐かしい!!

 

自業自得。因果応報を簡潔的な起承転結でしっかり教えてくれるアニメ代表作。

久しぶりにご拝聴☆

よかった物語をざっくりご紹介。ネタバレってやつ。

※絶対に犯人は知りたくない方は劇場で楽しんでください(やってない)

赤字かっこの中はわたくしの合いの手です。お気になさらず。

貧乏神と福の神

昔々、あるところに仕事もせずにダラダラ過ごしている男がおったそうな。

そこの家には貧乏神も住んでいて、男の生活は貧乏そのものだった。

(貧乏の前にどう生活してたん?)

 

それを見かねた村人が、その男に嫁をあてがった。(すごい親切だよね)

その嫁がまぁ働く働く。朝から晩まで、畑を耕してなぁ〜〜にもしてない男に

私がやるので大丈夫ですよと言っちゃう菩薩ぶり。(女神?まるでわたくしみた…)

 

でも後ろめたい気持ちもあり、男も嫁と一緒に朝から晩までせっせと働き始めた。

(相手が何も言わずにしっかりしてると、自分も感化されるタイプのメンズ。)

 

金持ちではなく、ささやかな生活がなんとかできている状態なのに、

高望みをせず、現状を幸せそうに過ごしている夫婦に貧乏神は肩身が狭くなっていった。

 

ある時、えんえん泣いてる貧乏神の存在に気づく夫婦(今気づいたんだね)

どうしたのと声をかけると

「この家には福の神が来るから、俺はこの家を出ないといけない。だけど行く宛がない」とのこと

するとこの夫婦、「私たちは今の生活で充分幸せなので、これ以上お金を望むことはありません。

ですから貧乏神さん、このままいていいんですよ」と。(どっちが神様なの)

 

すると福の神が家にやってきて「貧乏神、まだおったんか!」と取っ組み合いに。

しかし夫婦は貧乏神を応援し、動揺した福の神の隙をついて家から追い出してしまいました。

 

福の神は「俺って福の神だよなぁ?」と呟きながらトボトボと帰って行きましたとさ。

(まさか神様が自分の存在意義に対して自問自答。)

 

ちゃんちゃん♪

足るを知る

敵わない存在としてではなく、人間らしい愛らしさもある両者の神。

何もしない堕落な生活を送っていた男が、キビキビ働く奥さんを見て心を入れ替える模様や

足るを知るということを教えてくれる作品でした。

 

子供の頃と大人になって見直すと、捉え方や感じ方がまた変わってくるなと。

ジブリの作品みたいに子供から大人まで楽しめるアニメだなと、まさかこんなに心動かされるとは思わずでした。

なんと日本昔ばなしYoutubeチャンネルあります。よかったら見てみてください。

あ、Amazonプライムもありましてよ。

 

【日本昔ばなしYouTube】

 

人はたくさんの判断、決断を繰り返しながら、欲と闘い続けていることがとてもわかります。

だから除夜の鐘で108つの煩悩を消すんだ〜って思ったり思わなかったり。

 

おすすめ

「足るを知る」で好きな作品がありまして。ほっこり読めるコミックです。

餓鬼という妖怪なのですが、この子が日々をタイトル通り、丁寧に暮らしている漫画です。

気味が悪いとか、怖いというイメージ覆ります。

 

無料で何話か読めるみたいです。詳しくはこちら

よければこちらも。2巻まで出てます。

では、またお会いしましょう〜〜〜!

この記事を書いた人:takao

「呑む」「食べる」「寝る」が大好きなデザイナーです。 マイブームは岩盤浴と日本酒です٩( ᐛ )و 五臓六腑にしみわたるとはこのこと。

LINEで送る
Pocket

人気記事ランキング

株式会社 花のや
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄2-14-5 山本屋本店栄ビル7階

花のやについて

お仕事のご依頼やご相談は、下記の電話番号
または、メールフォームよりお問い合わせください。
TEL.052-211-9898 / FAX.052-211-9899

お問い合わせ